2013年11月18日

浅彫り?中彫り?それとも深彫り?

マーキングする際に選択して頂く彫りの種類は

浅彫り
中彫り
深彫り

の三種類から選んで頂いています。

「それぞれの深さを教えて下さい」と、よく質問があります。

お答えは...

正直言えば「正確には測れません!」としか言いようがありません。
深さを指定して彫る訳ではなく、出力やスピードを指定して彫っていきますので
金属の種類や形状、または文字の種類などによって変わってきます。

おおまかに言えば

浅彫りが0.1mmあるかないか
中彫りが0.2mmほど
深彫りが0.5mmほど(物によっては1mm以上)
*金属の種類によて大幅に変わりますのであくまでも参考までに!

となります。

で、結局どの彫りで依頼したら良いのか?

当社ではこのようにお勧めしています。

浅彫り:リングの内側等、摩擦などの少ない部分へのマーキング
中彫り:ペンダントの表面やリングの外側へのマーキング
深彫り:原型などへのマーキング

このようにご説明させて頂いてます。

浅彫りはバフのみでは絶対に消えません。
荒いバフを何度かかけると薄くなる程度です。
完全に消すには、ヤスリ→ペーパーなど→バフといった手順が必要になります。

中彫りは簡単には消えませんね。
バフのみでは無理です。
リングの内側へ中彫りをと注文される方の多くはサイズ直しで消えるのを嫌う方がほとんどですね。
それ以外の方は、ほとんど浅彫りを選択されます。
*サイズ直しで消えてしまった場合は、同じマーキングでしたら二回目のみ半額でマーキング出来ます。

深彫りをは原型のみですね。
まれにリングの内側に深彫りを選択される方も見えますが、そこまでは必要ないかと思います。
中彫りで十分に対応できると思います。


中彫りだと物足りない、しかし深彫りだと深すぎる...
なんてお客様もおみえになります。

そんな場合は...

中彫りは30回
深彫りは150回彫ります。

例えば中彫りを2回分といった注文も可能です。
料金は単純に中彫りの倍になります(彫れる深さは倍にはなりません)。

こちらからもアドバイス致します。
お気軽にご相談下さい。

2013年02月25日

レーザーマーキングデータ

久しぶりに細かいデータを作成しました。
なかなか難しいデータ作成でしたあせあせ(飛び散る汗)

IMG_1387.jpg

横幅が20mmのステンレス板にテストでマーキングした物です。
マーキングサイズは横幅13mmですのでホント細かいです。

PC画面上でデータを修正する訳ですが、実際にテストマーキングをして線がうまく表現できるかなどを確認しながら作成していきます。
これだけ細かいとPC画面上では離れている線も実際は重なったように見える場合もありますからね。

前にも紹介させて頂きましたが、データ作成時には実際の大きさにしてプリントするとおおよその感じがつかめます。
インクが滲んだりするので細かい部分は確認しにくくなりますが、確認しにくい箇所はうまくマーイングされない可能性もあると考えて頂いてデータを作成してもらえると良いでしょう。

ご不明な点などありましたら、お気軽にご相談下さい。

2013年02月23日

区別するために

久しぶりの投稿ですふらふら

今日はレーザーマーキングで道具に印をつけるネタを少し...。

石を留める道具の一つにドリルがあります。
よく使用するサイズは1.1mm〜2.0mmぐらいです。
最近は0.8mm〜1.0mmも増えてきましたね。
かなり細かいですがく〜(落胆した顔)

そのドリルをひと目でサイズを判断できるように...
IMG_1296.jpg

こんな感じでレーザーでサイズをマーキングしています。
もっと細かいものになるとルーターの先端工具(カッター類)にもサイズをマーキングしています。
こうする事でかなり仕事がはかどるんです。

石留めには0.1mm単位の違いでも大きな差ですからね。

ちなみにドリルの先端は加工しています。
市販の状態のままでは使用できませんからね。

こうしてレーザーを使用するのも一つの手です。
あまりやる事は無いでしょうが、何かに応用できたら是非ぴかぴか(新しい)

2012年11月13日

レーザーサンプル

今日はレーザーマーキングしたリングをご紹介します。

IMG_0894.jpg

ロゴ、2012、Charms Jewelry、Pt900、そしてダイアのカラットをマーキングしてあります。
リングの幅がありますので(5mm)、文字を3段にしてマーキングしてみました。

文字の大きさ(高さ)は0.4mm〜0.6mmです。

IMG_0893.jpg

彫りは浅彫りで、若干文字が白くみえるようにしてあります。

普通に刻印するよりも高級感というかオリジナル性が増すように思います。
「2012」は余分だったかも知れませんが、ロゴを入れるとまとまりますね。

問題はサイズ直しをすると消えてしまう事。
それは通常の刻印でも消える事はあります。
ですので、最初からサイズ直しをしたらマーキングもし直す事は前提でお考え下さい。

マーキングが消えた場合、同じマーキングでしたら一度までは半額でマーキングするサービスも行っております。*ただし出来ない物もあります。詳しくはお問い合わせ下さい。

同じデザインで同じ文字をマーキングする場合も割引サービスがあります。お気軽にご相談下さい。

2012年10月31日

イラスト作成

レーザーマーキングでイラストやマークを彫る場合には、必ずそのデータが必要になってきます。
会社のロゴなどはイラストレータ形式で作成してある場合が多いので、そのデータをこちらにメールで送って頂ければ、すぐに対応可能です。

それ以外の場合(データのない場合)は、こちらで作成する事になります。
手書きでイラストを描いてもらってもイイですし、イメージと近い画像でも送って頂ければご希望のイラストを作成しやすくなります。

例えば、漠然に「車」と言われても、いろいろな角度から見た車のイメージがあると思いますので、こちらで勝手な想像で作成する訳にもいきません。当たり前の事なんですけどね。

それでも適当に発注される方もおみえになり、イメージが決まるまでに、かなりの時間を要する事になってしまいます。
料金的にも高くなってきてしまいますので、なるべくこちらにイメージがわかりやすいようにお伝えして頂けると助かりますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

2012年10月30日

文字と数字の大きさ

レーザーマーキングでは記念日などの数字を入れるケースが多くあります。
今日ご紹介する内容は同じフォントでも文字と数字の大きさが違う種類があるという事です。

121023.jpg

筆記体タイプは数字が小さいケースが多く、ご希望の文字を入力すると数字が極端に小さくなる事が多くあります。
上の画像を見て頂くとわかりやすいかと思いますが、筆記体の数字は小文字の大きさと同じ物が多いようです。
*詳しくはフォント集を見て頂くとわかると思います。

細いリングに筆記体でマーキングする場合は、

リングの幅>一番大きな文字の高さ

となりますので、そこで筆記体を使用すると...
2mm以下のリングにマーキングする場合、一番大きな文字が最大でも1.2mm程になりますので、数字はその半分の0.6mmになる計算になります。
平均的にこのタイプ(2mm幅)のリングへの文字入力は高さ1mm以下が多いので、数字と小文字が0.5mm以下になってしまいます。
通常のゴシックに近いタイプのフォントでしたら0.5mm以下でも肉眼で数字や文字は確認できますが筆記体となるとかなり見にくくなります。

マーキングしたらイメージと違う!!

って事にならないように、この点は気をつけて頂くと良いでしょうね。

多少はこちらで調整する事もありますが基本的に指示がない限り文字は入力したそのままマーキングします。
ご希望であれば大きさを調整しますので依頼時にお申し出下さい。

*大きさを変更しても料金は変わりません。

2012年10月24日

ロット商品

ある程度数がまとまった商品へのマーキングは割引サービス致します。
しかしながら、そうならないケースもありますのでお気をつけ下さい。

まず、一番値引きしやすいパターンは
「同一商品」であり「同じマーキング」の場合です。
同じ文字、大きさ、場所であれば一番お値打ちにマーキングできます。

「同一商品」でも「すべて別のマーキング」
これは文字の入力や位置決めを行わなければいけませんので、それ程割引率は高くありません。

「別商品」「同じマーキング」の場合も同じです。

数がまとまる場合は一度ご相談下さい。
出来る限りご希望に近い金額で出来るように努力致します。

2012年10月22日

フォント選び

先週末は軽い運動ですが良い汗をかいてきましたぴかぴか(新しい)
スポーツには丁度良い気候で気持ちいい時間を過ごす事が出来ました。
リフレッシュできたので今週も頑張りますわーい(嬉しい顔)


さて、レーザーマーキングには沢山のフォントをご用意しています。
300種類以上ものフォントの中から選ぶとなると大変な作業になりますが、フォント選びの最も大切なポイントはマーキングするものに対して「適したフォント」選びが重要になってきます。
最近、幅が2mm以下のリングへのマーキング依頼が増えています。幅が2mm以下となると文字の大きさ(高さ)は1mm程になります。デザインによっては0.6mmになりますので、その大きさ(高さ)になっても肉眼で確認できるかどうかがフォント選びの大切な点になってきます。
その大きさですと太めのフォントは肉眼で確認しにくくなってきます。逆に細めのフォントは確認しやすくなります。ですから、細いリングや小さめのサイズにマーキングされる場合は、出来るだけ細めのフォントを選ぶようにして下さい。

好みだけで選んで、実際にマーキングすると....なにこれ?ってなってしまいますので気をつけて下さい。
あまりおかしいようであればこちらからもアドバイスさせて頂きます。

フォント選びの際は、この点だけ頭に入れておいてもらうと良いと思います。

2012年10月18日

石留めがある場合

レーザーマーキングでは文字を入れるだけではなく柄を入れる場合もあります。
もう一つ、文字や柄の間に石を入れる場合もあります。

その場合、石を先に入れた方が良いのか?もしくは後に入れた方が良いのか?
これはケースによって変わってきます。
一つ言える事は「中彫り」以上を選択さした方が良いという事です。
石を入れてそのまま商品か出来れば問題はありませんが、ある程度仕上げが必要な場合は特に中彫り以上でないと文字などが薄くなってしまうからです。

逆に先に石留めしてある場合の問題点は、位置決めの困難度が増すという事です。
例えば石を中心に柄を入れる場合、位置を決めるのは手作業ですので多少のズレが生じます。
この場合、セッティングに時間がかかったり(割増料金)、もしくは柄のデザイン自体の変更が必要になったりするケースもあります。

結論から申しますと、全体的には後から石留めをされた方が無難という事です。
しかし、あくまでも平均的な事とお考え下さい。
マーキング時に石の中心を「点」でマーキングする事も出来ますので、その点に穴をあけて石留めすれば正確に出来ますのでオススメです。

ケースによっては逆の場合が良い事もありますので、石留めとマーキングを一緒になるデザインをお考えの場合は一度相談して頂けると良いでしょうね。
石留めの方法によっても変わってきますので、何でもお気軽にご相談下さい。

2012年10月16日

こんなサービスもやってます。

レーザーマーキングでフォントを選んで頂くのですが、実際、どんな感じにマーキングされるのか不安な場合があるかと思います。
そんな時、こちらでご希望のフォントを使ってPDF書類にまとめ、メールで送付するサービスを行っています。

例えば
2種類のフォントで迷っている
全体の感じを確認したい
などなど...。

そんな時、ご希望のフォントを使って
「2012.11.11 K to E」*例です。
という文字を変換してPDF書類にして送ります。

これでお客様に確認、選択してもらえば間違いはありません。

お返事に多少お時間を頂く事がありますが、かかっても2日以内にはメール返信致します。
*休業日は除く

プレートへのマーキングの場合には、そのプレートの寸法(縦横)をお伝え頂ければ
ソフトでプレートの寸法の中に文字をまとめ表現する事も可能です。

これはサービスとして行っております。
お気軽にご利用下さいませわーい(嬉しい顔)

2012年10月12日

マリッジリングのマーキング

ひと昔前まではマリッジリングは同じデザインのリングを二本購入するのが支流でしたが、
最近では幅(大きさ)も含め、デザインが違う物や素材の違う物を選ぶ方がほとんどですよね。

多くのマリッジリングをレーザーでマーキングしてきましたが、
基本的に同じ大きさの文字をマーキングします。
同じ大きさ?当たり前じゃん?
と、思われるかも知れませんね。

多くのカップルは基本的に女性のリングの方が幅が細くて小さめのリングを選択します。
プラスしてダイアが入っていたりしてレーザーで文字を入れるスペースが限られてきてしまいます。
そんな場合、女性のリングに入る文字の大きさを基本とし、
男性のリングにも同じ大きさの文字をマーキングします。

二本並べるとわかるのですが、文字の大きさが同じですと
デザインや素材が違っても、マリッジリングだと良くわかるようになるんです。

ただ、ご希望であればリングに合わせた大きさにマーキングする事も可能です。
依頼時に「それぞれのリングの幅に合わせて」とご希望頂ければ
こちらで調整して丁度良い大きさでマーキング致します。

基本、何も指示がなければ同じ大きさでマーキングします。
ご希望があれば大きさを変えます。

これって何でもない事なんですが
勝手に大きさを変えたりするとクレームで戻ってきたりするんです。
「文字の大きさが違うからマリッジじゃないみたい」だと...。

確かに言われて初めて「なるほど!」って思った事を良く覚えています。
それ以来、必ず「大きさは同じ大きさでマーキングしますよ」と聞いています。

たまに聞き忘れる事もありますので(いけないんですが...)
ご希望であれば必ず申し出て下さい。宜しくお願いします。

2012年10月01日

データ作成編

データ見本.jpg

データは必ず白黒で作成します。
白い部分はマーキングされない部分、逆に黒い部分はマーキングされる部分になります。

カラーのデータを頂く事も多いのですが、PCでカラーをモノクロに変換すると中間の色(グレー)がでます。
普通に印刷する場合は全く問題ないですが、レーザーマーキングではどう認識されるでしょうか?

大部分が黒に認識されますので、全部マーキングされてしまう確率が高いでしょうね。
複雑な図形ですとそういった部分が上手く認識もしくはマーキングされない事が多くあります。
ご依頼される場合は出来る限りモノクロにしてイメージしてからご依頼されると良いでしょうね。

上の画像のように文字が浮かび上がるようにする場合は料金が通常の文字彫りとは違っています。
そんな場合はお見積もりいたしますので、お気軽にご相談下さい。

2012年09月27日

マーキングスペース

今日は意外と知られていないレーザーのマーキングスペースに付いて書きたいと思います。


機械の種類やレーザー光の種類によって違いがありますので、
必ずしも今回ご紹介する事が当てはまるという事ではありませんが、
当社のレーザー機の場合という事でご理解下さい。

まず、マーキングできるスペースは

最大で100mm×100mmです。

しかしながらここで問題が一つ。

レーザー光.jpg

上の図でわかるように中心部が最もレーザー光が強く
中心から遠くなる程弱くなるという事です。

この点を補ったレーザー機もあるようですが、
当社のレーザー機はもともとジュエリー用に開発された物です。
100mm×100mサイズででマーキングする事はほとんどありません。
ジュエリー関係のマーキングでは全く問題はありませんのでご心配なく!!

問題なのは80mmを超えるサイズの深彫りの場合です。
光の強弱がある為に若干ですが彫れる度合いが違ってきます。
浅彫りでも若干の色の違いなども出てきます。
ですので、当社のレーザー機では50mm×50mm程までが
ベストな状態でマーキングできるのではないかと考えています。

技術は進歩していますのでジュエリー用以外のレーザー機では
こういった光の強弱の問題や凹凸の問題などを解消したレーザー機もあるようです。
近いうちにジュエリー用でもそういった機械が出るのでしょうね。

何度も言いますが、ジュエリーへのマーキングは全く問題ありません。
10mm以内のマーキング、大きくても30mmぐらいまでがほとんどです。
ご心配なくご依頼下さい。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

2012年09月24日

時計裏蓋へのマーキング

IMG_0488.jpg


最近、時計裏蓋へのマーキングも増えています。

記念日
お名前
お祝い事...などなど

一時期に比べ本当に増えました。
ペアでマーキングって依頼も多いですね。

IMG_0425.jpg
この写真は文字を入れる直前の画像です。

正確な位置を決める為にマジックも使います。
マーキングスペースにも塗料を塗って、そしてマーキング。

スペースさえあればマーキングは可能ですが、
ストレートに入れる場合と円に沿っていれる場合とでは
基本料金が違ってきます。
詳しくはホームページをご覧下さい。

どうしてもイメージがわかない場合には
こちらでイメージ画を作成してPDF書類にまとめて
メールにて送るサービスもしております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

2012年09月18日

マーキングの手順

今日はマーキングの手順をご紹介します。

マーキングは難しい
料金が高い

などなど、作業がわかって頂けるとマーキング知識も高まりますし、
また、どういったマーキングまで可能なのかを知って頂けると思います。

少しだけですがご紹介しますね。

リング内側へマーキングする場合です。

まず、リングの寸法を測ります。
リングの直径とマーキングする箇所の幅を測りPCへ数値を入力します。
同時にマーキングする文字も入れます。

そしてリングをホルダーに挟みますのでキズ防止の為にリング外周にセロハンを巻きます。
IMG_0698.jpg

次にマーキングする箇所へ塗料を塗ります。
IMG_0700.jpg
これは位置を確認する為に塗ります。
この方法はチャームスジュエリー独自の物です。
試しのマーキングでリングに跡が残るのを防ぐ役目もあります。
塗料はマーキングの出力をあげると簡単に剥がれますので全く問題ありません。

そして位置を確かめます。これが手で調整するので難しいところです。
そしてマーキング!!
次に塗料や保護用のセロハンを取り
そして最終チェックをして出来上がりです。

言葉で書くと簡単に感じますねふらふら

今回ご紹介したのは一般的なパターンですが
マーキングする商品やマーキングの場所、文字の種類、大きさ
そしてロゴなどのデータ作成、変換などなど...
まだまだ沢山の作業があります。

これから少しでもご紹介していきますね。

2012年09月12日

マーキングの深さ

レーザーマーキングでのお問い合わせで一番多いのは
やはり「深さ」でしょうか。

金属の種類、マーキングする文字の大きさやフォントの種類によっても
本当にまちまちです。

たまに「0.5mmで彫って欲しい」と依頼される方も見えますが
正直言ってそれは「無理あせあせ(飛び散る汗)」なんです。
こんなにハッキリと断ってはいけないのですが、
まず...

深さを測定できない
深さを指定してマーキングできない

というのが現状です。

じゃあどれくらい???

と言われると説明しようがないのですが
画像で判断してもらうほかに方法はありません。

HPでもブログでもご紹介している画像を再度載せておきます。

DSCN0044.JPG
DSCN0047.JPG

こんな感じです。素材はアルミです。

アルミ素材は比較的彫れやすいので
同じ回数でも少し深く彫れます。

金やシルバーでしたら
10が浅彫り
30が中彫り
120ぐらいが深彫り
とお考え下さい。

あと...
リングの内側は浅彫り
リングの外側は中彫り以上
ドッグタグなどのペンダントには中彫り以上
時計の裏蓋などへは浅彫り
といった具合でマーキングされると良いでしょう。

参考になりましたでしょうか?

出来る限りご希望の深さまで彫るよう努力しますので
どんな事でもお気軽にご相談下さい。

2012年07月18日

セラミックへのマーキング

先日、ブランド時計の裏蓋へのマーキング依頼がありました。
素材はなんとセラミックぴかぴか(新しい)

セラミックへのマーキングは可能なのは知っていましたが、
さすがにミスが許されない仕事は緊張しますね。

セラミックとは相性が良いのか金などとは違った音がします。
いかにも彫れていってるって感じの音です。

結果は思っていた以上に綺麗に
そして格好良く仕上がりましたわーい(嬉しい顔)

お客様からの依頼品なので画像は載せないでおきます。
スミマセンふらふら

セラミック、チタンはレーザーと相性が良いようです。
一度お試しになって下さい。

2012年05月09日

塗料の上から

金属の上に塗料が塗ってある場合の見本です。
マーキングで塗料を剥がし、下地の色が出るようにマーキングされます。

まずは出来上がりの画像です。
水筒へのマーキングです。
下の金属は何かは不明です。
IMG_0401.jpg

マイクロスコープでの接写です。
*少し画質が悪くなります。
005.jpg

マーキングされる前
003.jpg

今回の水筒は若干金色が入った地金でした。
真鍮っぽい感じですかね?

こんな感じでマーキングを使用する事もできます。
マジックで名前を書くと何度も洗っている間に消えてしまいますので
マーキングすると消えずに済むのでとても良いのではないでしょうか。

2012年05月08日

マイクロスコープ

先日、USBで繋ぐ事が出来る顕微鏡(マイクロスコープ)を購入しました。
レーザーマーキングといえばパソコンを使用するハイテク機器のイメージがありますが、
マーキングの位置は目視でおこなうというアナログ的な部分もあります。
もっとも重要な部分がアナログ...ふらふら

という訳で今回そのマークロスコープを購入した訳です。
ただ、一度も使用した事はなく金額もめちゃ安いので少々不安でしたが
思っていたよりもかなり優れ物ぴかぴか(新しい)

IMG_0397.jpg
上の写真は離れた位置からパッケージを撮った物です。

IMG_0398.jpg
この写真はアルミ板にレーザーマーキングをした物を離れた位置から撮影しました。

で次の写真
IMG_0400.jpg
これはリングの内側にマーキングした物です。
*グレーの部分は試し打ちする為の塗料です。
文字の大きさは高さ0.5mmです。
数字が出るとどれぐらいの性能かが予測できると思います。

0.5mmの文字を目で確認する事は不可能で、今まではルーペで一生懸命覗いていたんですもうやだ〜(悲しい顔)
それが今回のスコープのおかげで画面上で確認できるようになり本当に助かりました。

ホント便利な物があるんですねぇ〜わーい(嬉しい顔)
画像を撮影する事もできますので今後はマイクロスコープを使った画像で
レーザーマーキングのご紹介も出来ると思います。
より理解しして頂ける事でしょう。
お楽しみに!!

2012年03月30日

レーザーマーキング依頼時に...

レーザーマーキング依頼時に
簡単な仕上げや修理も同時に受付可能です。

例えば....
ある程度の期間陳列してあった商品が売れて
その商品にマーキングしたいが、
細かい傷が多くついてしまっている....

なんて時には

「少し仕上げをしてからマーキングをお願いします!」

というのもキスマーク有りぴかぴか(新しい)です。

ただし、メッキがかかっている商品は
事前にお知らせ下さい。
もちろんメッキ処理も可能です。

お気軽にご相談下さい。