2014年02月05日

サイズ

先日、メールでCADについてお問い合わせを頂きました。
が...
すぐに返信をしましたが何故かメールが戻ってきてしまいます。
フリーメールでお名前のみでしたので対処方法が全くありません。

全然返信が来ないなぁ〜と思われているかも知れませんし、またCADに興味ある方なら知っておきたい事でもあると思いますので、ここで少し紹介したいと思います。

CADの設計についてです。
-------------------------------------------
造形物をそのままゴム型を取る場合と
一度シルバーなどで鋳造し、仕上げ後にゴム型を取る場合、
それとそのまま商品化する場合とでは
造形物の寸法を変えなければいけません。
-------------------------------------------

というブログの内容に対して、どれぐらいのサイズで設計した方がよいのかというご質問内容でした。

寸法は鋳造する場合やゴム型を取る場合、またそのまま仕上げる場合などいろいろなケースがありますが、その都度寸法は多少盛って設計をします。

1.そのまま仕上げる
2.造形物でゴム型取る
3.シルバーで鋳造し仕上げ後ゴム型を取る

盛る度合いは上の「3」が一番多くなるでしょうね。

しかしながら、これといって決まりがある訳ではありません。
今までの経験で仕上げ時に減る分などを考えながら設計をしています。失敗したくない場合は余分に盛ったりもしますね。

本当に答えは難しいです。デザインによって全く違ってきますからね。

おおよそで言えば0.2mm程度余分に盛っておけば、そのまま仕上げる場合は問題なく出来るでしょう。
ゴム型はどれぐらいの収縮率なのかをお確かめになって、それに仕上げ時の減り目を足して頂いたら頂いたら、ある程度計算出来ると思います。

ということで...
正しくこれだけ!!って事は正確には言えません。
これが答えです(^ ^;)

本当にスミマセン!

メールを頂いた方!できればお名前だけではなく会社名や連絡先もお伝え頂ければと思います。
宜しくお願いします。
posted by 店主 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2013年11月20日

CADとは?

CADという言葉は耳にしますが、
意外と...「じゃあ何が出来るか?」と聞くと????
という方が多い事に最近気づかされました。

そこで簡単ですが画像でデータの作成の一部をご紹介します。


サイズが2.1mm、1.6mm、1.4mmと三種類のメレがあります。
ここでそのメレをいくつか使ってリングを製作します。

今回はミル打ちのようなデザインの枠を使用します。

ring-cad-1.JPG

それぞれの大きさに合わせ球を配置します。
この時ラインを引いておけばそのラインに沿って均等に球を並べる事が出来ますのでとても便利です。

ring-cad-2.JPG

枠(土台)を作ります。
球を並べた時に使用したラインを引用します(多少サイズは変えます)。
厚みを一定に指定出来ます。

ring-cad-3.JPG

それぞれの枠をサイズにそって配置していきます。
今回は三種類の石(枠)を使いましたので微調整しながら配置しました。
同じサイズの物でしたら先程球を配置したように簡単に指定した間隔(または数)で配置出来ます。

エタニティーリングなら一つ枠を作っておけば、
あとはサイズに合わせて配置するだけなので簡単に出来ます。
これを手で作るとなると均等にはいきませんので、
ここはCADの方が勝っている部分でしょうね。

今回の枠は球を石の周囲に並べましたので
多少時間がかかっていますが、
普通の枠でしたら、出来上がった物もありますので
それを引用すればここまでの作業は15分あれば完成してしまいます。

ring-cad-4.JPG

次に石の台に穴をあけます。
現在はただのブロック状になっています。
それでは石を留める事ができませんので、石の大きさに合わせて穴をあけます。

ring-cad-5.JPG

裏まで穴があきましたね!

ring-cad-6.JPG

これで完成です!

ここでグラムなども計算出来ます。

K18:3.21g
Pt950:4.08g
ダイア:0.309ct

この数値はかなり正確です。
このデータを造形・鋳造そして仕上げすると
ほぼ同じグラム・キャラになります。

これが結構重宝するんですよね。



簡単ですが、こんな感じでリングを製作出来ます。

手で作った方が早い場合も確かにあります。
そんな場合はもちろん手作業での製作にします。
しかし今回のような規則正しい寸法で製作する場合はCADの方が早くて綺麗に仕上がりますね。

仕上げや石留めもしやすいので本当に重宝しています。

また続編をやっていきます!

posted by 店主 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2013年11月07日

iPadでCADを確認

CADソフトで制作したデータは今までPCのみで確認していました。
もしくはプリントしたりして...

しかし現在は便利なアプリがあり、iPadで確認する事が出来ます。

iRhino 3D
http://www.rhino3d.com/ios

このソフトを使えばiPadはもちろんiPhoneでもデータを確認出来ます。
持ち運びする事もでき、またデータを指一本で動かす事も出来ます。
これは本当に便利です。

CADをやっている方なら、PC関係の事は詳しいので
既にご存知かも知れません。

これからCADを覚える方は是非使ってみて下さい。
ちなみにデータを作成する事はできませんふらふら
posted by 店主 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2013年06月22日

CADデータ製作前に

CADのデータ製作の仕事も徐々に増えてきました。

しかしながら、まだまだCADに対する知識が浸透していないのが事実です。

レーザーマーキングを始めた頃も同じような事がありました。
「レーザーだったら何でも彫れるんでしょ!」的な考えの方がほとんどでしたふらふら
CADに対しても全く同じで、
「CADなら何でもできるんでしょ!」と思われている方が本当に多いですあせあせ(飛び散る汗)
レーザーもCADも何でも出来るって事はありません。
制限はあります。

CADはすべてにおいて「0.3mm」が必要です。
間隔、厚み、幅などなど、寸法において「0.3mm」以上が必要です。
まずこの数値を頭に入れてデザインを考えて下さい。
どうして?と聞かれますが、0.3mm以上ないと造形時にエラーが出ます。
造形が出来たとしても0.3mmの物は鋳造時にうまく入らない事も多々ありますので
できれば0.5mm程の間隔、厚みが理想ですねぴかぴか(新しい)

その部分を考慮してデザインを考えてみて下さい。
作業がスムーズになりますし、データ作成料もお値打ちに済みます。

また、造形物をそのままゴム型を取る場合と
一度シルバーなどで鋳造し、仕上げ後にゴム型を取る場合、
それとそのまま商品化する場合とでは
造形物の寸法を変えなければいけません。

通常ゴム型を取る場合は多少大きくしてデータを作成します。
仕上げが加わる場合は、その仕上げで減る部分も計算して造形します。
それも考慮してデザインして頂けるとイイですね。

一番困るのはラフなデッサンのままのデータ作成を依頼される場合です。
寸法も全く決まっていませんので、必ずと言っていい程「0.3mm」の問題にぶち当たりますあせあせ(飛び散る汗)

その問題を解決するには「デザインの変更」しか方法はありません。
よくよく考えてみると...
手作業での場合でも0.3mm以下の間隔や厚み、幅の物を作るのはかなり困難です。
というより無理もうやだ〜(悲しい顔)
ですので、まずはデザイン時に必ずおおよその寸法を決めてからデータ作成を依頼して下さい。

なかなかこの事を伝えようとしても理解して頂けない方が多いようですあせあせ(飛び散る汗)
まだまだこういった部分への努力も必要ありってところですね。

少しでもわかりやすくブログなどでご紹介していきますね〜頑張りますグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
posted by 店主 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2013年05月27日

IJK

先日、神戸国際宝飾展へ行ってきました。
東京の展示会へ行けなかったので、どうしても今回だけは行きたいと何とか時間を作っていってきました。
久しぶりの神戸ぴかぴか(新しい)
IMG_1734.jpg
CAD関連の機械を見てきました。
小型の機種などが登場していてとても面白かったです。
IMG_1736.jpg
久しぶりにお話し出来た吉田キャストの方々ぴかぴか(新しい)
学生時代からのお付き合いなので20年以上の付き合いにわーい(嬉しい顔)
その頃から比べると鋳造機もかなり小さくなりましたねぇ〜。価格もバッド(下向き矢印)

規模は小さいながらもなかなか充実した一日でした。

学生時代に友人がいましたので、頻繁に遊びに行っていた神戸の街
やっぱり良い感じですぴかぴか(新しい)
posted by 店主 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2012年11月14日

CADで助かるところ

IMG_0899.jpg

こういったデザインの時とても助かります。

IMG_0897.jpg

この細かさを手で出すには無理があります。WAXなら無理でしょうね。
出来たとしても寸法にバラツキが出ますからね。

IMG_0898.jpg

一つ枠を作れば、あとはコピーして移動(回転)させればOKですので、とても重宝しています。
ただ、先日、同業者の方のお弟子さんへの言葉で「楽するな!」という言葉が頭の中によぎってしまいます。

確かに楽するといけません。仕事が雑になるというか全体的に出来が悪くなります。
つい楽な方を考えがちです。

でもCADは楽なのか???
楽は楽です。でも手抜きなのか???
う〜〜〜ん難しい問題ですね。

設計は簡単そうに見えて難しいです。
CADを使う人にはわかると思いますが、こまめに保存していないと戻ってやり直したい時など本当にショックが大きく、時間もかなり費やします。
それに見えないような部分にもこだわってしまいます。
こんなのイイだろ!と心の中では思うのですが、つい気に入らない部分があるとやり直してしまう。

これはやっぱり職人気質なんでしょうね。
って事はイコール楽はしていないのではないか。。。

自分で勝手にそう判断しちゃってます。
これ自己満足の世界ですね。すみません。
posted by 店主 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2012年09月10日

実際の大きさと違うので...

CADで設計したジュエリーは実際出来上がってくると
イメージと違っている場合が多々あります。
全体的なデザインではなく爪など細かい部分の寸法が違っているのです。

IMG_0653.jpg

画面では作業しやすいように大きく拡大します。
拡大している分、細くなっている部分に気がつかないという事が多いのです。

そいった事にもある程度慣れてこないとCADでのデザインは難しいですね。
実際に仕上げ、石留めまで自分でおこないますので
その辺りが一番気になります。

コンマ1mmの違いでも作業する時には
かなりの違いが出てきますからね。

最近、そういった事にも慣れてきましたので
イメージ通りに仕上がってくる事が多くなりました。

CADはまだまだ進化していく事でしょうね。
楽しみです。
posted by 店主 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2012年06月19日

CADで製作したパーツ

最近ブログを書く時間がなく全く更新してませんでした(^ ^;)
こう見えても結構マメな男と言われてるのに...???
反省ふらふら


さて、現在CADで製作したネームプレートをパーツとして
ご提供できるようにと考えております。
ネームのペンダントを製作できるパーツですが、
周りにダイアを追加したり、またはネックレスにも工夫したりと
それぞれの業者様でオリジナルのデザインで販売できるようにと
考えて製作中です。

CADで製作していますので、
もちろん手で作る(切り抜いたり)のは至難の業だと思います。
どこが難しいのか?
やはり細かさですね。

また後日画像で紹介します。
価格もまだ決めていない段階ですので
合わせてご紹介できたらと考えております。

どうぞお楽しみにぴかぴか(新しい)
posted by 店主 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2012年02月20日

CADで製作

先週末は本当に寒かったですねぇ〜雪
名古屋は雪は降りませんでしたが、
とにかく寒かったあせあせ(飛び散る汗)

最近忙しくてなかなか更新出来ませんでしたが
先日出来上がったリングをご紹介しますね。

CADで設計したリングなんですが
ダイアのセッティングに工夫というか
発表する程の事ではないのですが
自分では初めて(CADでは初めて)設計&製作して
感じ良く仕上がったのでご紹介します。

まずはCADの段階
120225.JPG
ピンキーリングです。
ダイアの大きさは1.2mmです。

で、出来上がり画像
*あまり綺麗には撮れていませんがふらふら
IMG_0229.jpg

最近マクロセッティングされた商品が多くなってきています。
その勉強のつもりで製作させてもらいました。

マクロセッティングだとダイアの大きさはさらに小さくなります。
0.8mm程の大きさのダイアになるのかな?

そういった商品を作るには、
手でダイアをセッティングしていては限界があると思います。
そんな時にCADで正確にセッティングできるのは有難いですね。

小さなダイアをセッティングするには顕微鏡も必要になってきます。
目も衰えてきた事だし、そろそろ導入しないといけませんねあせあせ(飛び散る汗)

posted by 店主 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2012年01月31日

寒いですねぇ〜(> <)

1月ももう終わりですね。
早いですねぇ〜!
*早いと感じるだけ歳をとったという事かな???

寒さも今週ぐらいがピークらしいですが、
2月中は寒い日が続くでしょう。
インフルエンザも流行っているようですので、
皆さんお体には気をつけて下さい。

日本海側では大雪の予報、そして4年以内に首都圏直下型の地震の起きる確率が70%とか...。
息子を関東に出しているので、ちょっと気になる確率です。
なんだか寒いは怖いはで...温かみのある話はどこかにないものですかね。

さてさてあまり寒い話もなんですので
久しぶりにCADのお話をぴかぴか(新しい)

最近、なんとかソフトの仕組みが理解出来つつあり、
夜にはPCに向かって勉強しています。

IMG_0173.jpg

編み目のあるリングを作りたいと思い、
とりあえず下地?ではないですが、
テスト的に直線でデザインを作ってみました。
ここからリングに仕上げいきます。

なかなか楽しいですね。
手では困難なデザインが出来るのがイイわーい(嬉しい顔)

まだまだ勉強する部分が沢山ありますが
とりあえずは今必要な部分はマスター出来たのではないでしょうか。
今後はお客様からの依頼などで勉強させてもらうケースが出てくるでしょう。

デザインでも作りでも何でもそうですが
お客様からの依頼で勉強させてもらうケースは多々あります。
それに「急ぎ!」も良い勉強材料になります。

納期に余裕があると、どうしても怠けてしまう部分がありますが、
「急ぎ」の場合は、常に「早く綺麗に仕上げるには?」と頭の中で考えて作業します。
それが後々には自分の技量に直結してくるんです。

現在も「急ぎ!」が多いですねふらふら
しかし、中にはゆっくりやらないといけない物もありますので
なんでも「急ぎ!」って言うのは出来る限りおやめ下さいあせあせ(飛び散る汗)

結局、どっちだ?
う〜〜〜ん、ほどほどかな?ひらめき
posted by 店主 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年10月05日

CADでリフォーム

リフォーム商品をCADを使って製作してみました。

1109ring.jpg
CADで設計

P1000199.JPG
造形後プラチナでパーツごとに鋳造
*光造形の場合、プラチナは一度型を取ってからの鋳造になります。
 ですので、鋳造性を高める為に細かくパーツを分けました。

P1000202.JPG
パーツ組合せ&仕上げ

111004.jpg
石留め&仕上げで完成です。


これが金の場合にはパーツごとに分ける必要がありませんが、
分ける事によって仕上げがしやすくなる部分もあります。
ですので、多少時間と費用がかかりますが、
場合によってはパーツごとに仕上げた方が良いケースもありますね。


左右対称のデザインなどはCADが便利ですね。
あと、石のサイズを予め設計段階で把握しながらできますので
石留めは本当に簡単です。
石留め(彫り留め)を行なっている職人であれば
CADから上がってきた商品に
ひと手間掛けダイアを綺麗に見せるコツもわかっていると思いますので
少し手を加えるだけで「いかにもCADで」って感じはなくなります。

この商品には「ミル打ち」もあります。
それも今回CADで表現してみましたが
全然OKでしたね。

まだまだ出来る事は沢山あると思いますので
皆さんにご紹介出来たらと考えております。

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年09月09日

CADでの見積もり提案書

CADのデータを使用してデザインのサンプルならびに
各地金・石の重量も計算する事が出来ます。

データを作成してPDF書類にまとめて
メールで送る事も可能になり
大変便利です。

【サンプル1】

レンタリング画像です。
各地金の重量と石の重量が出ています。
多少の誤差はあるものの、おおよその重量が出ますので
見積もり等に大変役にたちます。

サンプル画像1.tiff


【サンプル2】

ゴースト画像です。

これはデータ作成時に使っている画面で
透けて中身まで見えます。
制作者にとっては便利な画像になると思います。

サンプル画像2.tiff


これにレーザーマーキングのデータ(実際にマーキングするフォントを使用してのサンプル)も
加える事も可能ですので、小売りのお客様への提案もスムーズになります。
このようなサービス(有料)も行なっていますので
お気軽にご相談下さいませ。

*ちなみにCADデータはジュエリー制作者である私が作成しており、
 実際の仕上げ・石留めも考慮し、ポイントをおさえたデザインにしています。
 もちろん、強度や着用館感といった点も考慮しておりますのでご安心下さい。

 

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年07月09日

CAD造形&鋳造

この下のデータのリングが出来上がってきました。
P1000178.JPG

お試しですので素材はシルバーです。
P1000188.JPGP1000187.JPGP1000186.JPG

どう仕上がってくるかわかりませんでしたので少し不安でしたが、
とても満足のいく出来でしたわーい(嬉しい顔)

画面上だと拡大して見ているので
どうしても各部分が大きく感じます。
でも実際はそれほど大きくはないようです。

それにしてもCADで出来る事を上手く利用すれば
良い商品が出来ますね。

このリングをもとにまた新たなデータを作成していきます。
今度は出来上がりの商品をご紹介出来ると思いますので
どうぞお楽しみに!!

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年06月29日

がっくりする場面...

CADソフトを使用して下の写真のパフェセッティングのリングデータを作成していました。
P1000176.JPG

部分的に作成して、あとはコピペして回転させて
そしてそれをCAD独自の「演算(足したり引いたり)」をして
複数のパーツを一つのパーツに仕上げていきます。

で、なぜか同じ物の中でも
和(足す)の演算が出来ない物が出てきます。
同じ物で出来る箇所と出来ない箇所が出てきます。
ガクッとする瞬間ですバッド(下向き矢印)

P1000177.JPG


何故に???ふらふら

こういう時は深く考えても仕方ないので
他の方法で何とかくっつけて
出来上がったデータが
これですexclamation×2

P1000178.JPG

なかなかPC上では良い風に出来上がりました。
問題は造形と鋳造ですね。
圧縮してデータを送りましたが
今から楽しみです。

たがねを使った彫り留めも出来ますので
出来るだけそれに近い仕上がりをイメージしながら
データを作ってみました。

これはCADだよね!
ではなく、
「どうやって作ったの?」「えっ?CADなの?」みたいにぴかぴか(新しい)
そう言われたい黒ハート

完全自己満足の世界ですけどあせあせ(飛び散る汗)

まだまだ始めたばかりなので
問題など出てくるとは思いますが
出来る限りここで紹介していくつもりです。

どうぞお楽しみに!!

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年06月18日

リフォームなどの提案に便利です。

CADは覚えると便利ですねぇ〜ぴかぴか(新しい)

イメージや見積もりを
伝えるスピードが一段と早くなりましたexclamation×2

リフォームなどで強い味方になりますねexclamation×2

データをメールでやり取り出来るのも特徴です。
ですので、小売店とのやり取りも
とてもスムーズです。

今後はそう言ったサービスも行なっていけるように
工夫していきたいと考えています。

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年06月04日

ブレスレットのデザイン

全面にダイアの入ったデザインと
チャーム用のブレスのデザインをCADを使って作成してみました。
P1000173.JPG

まずは全面にメレの入るブレス
通常の石留め(彫り留め)では
これほど正確に穴をあける事は出来ませんね。

でも、このまま仕上げたのでは石と石の間の地金が目立ってしまい
綺麗に見えないかも知れませんので
そこは通常の石留めの技法を用いてやれば
綺麗に仕上がるのではないでしょうか。

これより先にリングを製作しようと思っています。
どんな仕上がりになるかご紹介していこうと考えています。
お楽しみにexclamation×2

P1000174.JPG

ホントなんでもないブレスレットですが、
大ぶりの為、総重量がわかりにくく
見積もりを出すのが大変そうでしたので
CADでおおまかですがデザインをしてみました。
即、重量がわかるので本当に便利です。

いろいろと出来るんですね。

しかし、少し問題が...。

上のダイアの入るブレスですが
データの量が増えるたびにPCの動きが遅くなってきます。
それが嫌である程度のスペックのPCを用意しましたが
やはり複雑なデザインになると、もっとハイレベルなPCがいるようです。

ちなみにCGを使うなら「Quadro」のグラフィックカードがイイと聞いたので
まあまあのレベルのカードを搭載していますが
やはり完璧を目指すなら、もっと上を使わないといけないんでしょうね。
やれやれあせあせ(飛び散る汗)

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2011年06月01日

やっと面白くなってきました!

CADソフトを勉強し始めてから半年程ですね。
やっと面白くなってきました。

ただ、まだまだ完璧には使いこなせてはいませんが、
単純なデザインの物ならば、数分で作成出来るようになってきました。

イラストレータなどのソフトを頻繁に使っているせいか
そのイメージがある為に、少々頭が混乱してきます。

まだ理解していない部分があるかも知れませんが、
CADは「足し算引き算」と言われた事が
今となてわかってきました。

もう少し複雑なデザインも挑戦してみようかと思います。

それにしても便利なのは
顧客に対し的確なデザインイメージと見積もりを出す事が出来る点ですね。
ダイアの合計重量(ct)や地金別の重量も的確に出す事ができます。
これは本当に便利です。

あとは鋳造...。
これがまだまだ課題があるようなのでふらふら

Charms Jewelry
info@charms.jp
posted by 店主 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD