2012年11月20日

職人の手

幼い頃からこの業界で働く職人さんの手を見て育ちました。
子どもの頃みる大人の手は随分と大きく見えた物です。
その手の親指、そして人差し指はいつも汚れていましたね。
汚れているというかその部分だけ固くなってるんです。
それを触るのも好きでした。
ですので、今も職人さんを見るとつい手を見てしまう癖があります。

今は洗浄機に指を入れて、汚れを落とし、さらに洗剤を使ってこまめに洗いますので
その汚れは目立ちませんが、やはり部分的に固くなっています。
そして細かいキズもチラホラ。

困るのはコンビニの年齢認証のタッチボタンですね。
結構反応してくれないですよね。その厚く固くなっている部分でタッチするとあせあせ(飛び散る汗)
何度も一生懸命押したりしてます。

それでも子どもの頃見た職人さんの手と比べると、自分の手はほど遠い気がします。
まだまだ何でしょうね。
まあ作り方や道具、機械も変わってきましたから仕方ないんでしょうがあせあせ(飛び散る汗)
この先もまだまだ修行が続きます。

いつか孫が出来た時には(まだまだ先の話ですが)、自慢できる手になっていたいなぁ〜と思う今日この頃です。
posted by 店主 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60175573
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック