2012年09月27日

マーキングスペース

今日は意外と知られていないレーザーのマーキングスペースに付いて書きたいと思います。


機械の種類やレーザー光の種類によって違いがありますので、
必ずしも今回ご紹介する事が当てはまるという事ではありませんが、
当社のレーザー機の場合という事でご理解下さい。

まず、マーキングできるスペースは

最大で100mm×100mmです。

しかしながらここで問題が一つ。

レーザー光.jpg

上の図でわかるように中心部が最もレーザー光が強く
中心から遠くなる程弱くなるという事です。

この点を補ったレーザー機もあるようですが、
当社のレーザー機はもともとジュエリー用に開発された物です。
100mm×100mサイズででマーキングする事はほとんどありません。
ジュエリー関係のマーキングでは全く問題はありませんのでご心配なく!!

問題なのは80mmを超えるサイズの深彫りの場合です。
光の強弱がある為に若干ですが彫れる度合いが違ってきます。
浅彫りでも若干の色の違いなども出てきます。
ですので、当社のレーザー機では50mm×50mm程までが
ベストな状態でマーキングできるのではないかと考えています。

技術は進歩していますのでジュエリー用以外のレーザー機では
こういった光の強弱の問題や凹凸の問題などを解消したレーザー機もあるようです。
近いうちにジュエリー用でもそういった機械が出るのでしょうね。

何度も言いますが、ジュエリーへのマーキングは全く問題ありません。
10mm以内のマーキング、大きくても30mmぐらいまでがほとんどです。
ご心配なくご依頼下さい。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58554346
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック