2012年03月13日

in関ヶ原

大学生の長男が春休みで留学生の友達を連れて帰ってきました。
フランスとベルギーの留学生です。

彼らは日本語は普通に話せますし、
日本の文化や歴史は日本の若者よりも知識が豊富です。
正直驚きましたわーい(嬉しい顔)

歴史好きという事でしたので関ヶ原方面へ出掛けてみました。
関ヶ原民族資料館や徳川家康最後の陣跡、石田三成陣跡などなど

そこで必ず目にするのが「家紋」
あらゆるところに「家紋」が使われているのが目につきます。
時々、レーザーマーキングで家紋をマーキングして欲しいとの依頼がありますが
もしかしたら歴史好きな方達からの依頼なのかな?と思えるぐらい
あの場所へ行くと「家紋」が凄く格好良く感じます。
気がついたら子どものように民族資料館の家紋スタンプをバシバシ押していましたあせあせ(飛び散る汗)


IMG_0268.jpg
写真は石田三成の陣跡(笹尾山)から撮った物です。
すぐ近くに徳川家康最後の陣がみえます。(矢印下の木の辺り)
結構近い場所にあるのに驚きました。
それに写真では写ってはいませんが、右手に松尾山があり、
寝返った小早川秀秋の陣にのぼり旗が立っていて
それもが良くみえます。

三成の気持ちになって陣に立つと
複雑な気持ちになってしまいましたね。
味方が倒されていく様を陣からハッキリと見ていた事でしょう。

現在は石田三成が人気だそうです。
確かに現代には最も受け入れやすい人物かも知れませんね。


dai.jpeg
ちなみにこの家紋は石田三成の家紋「大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)」です。
ちょっと見かけない家紋ですよね。
「万民が一人のために、一人が万民のために、を考え行動すれば世の中は、平和で太平の世になる」
という意味があるそうです。(ネットで調べてみました)

あまり気にもしなかった家紋
もう少し調べていくと新たな発見がありそうですね。


ちなにみ家紋のレーザーマーキングは可能です。
しかしリングなど狭い範囲へのマーキングの場合、
複雑な家紋はデータでの調整が必要です。
その際、データ作成料などが発生してきますので
詳しくはお問い合わせ下さい。


posted by 店主 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54414545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック