2013年06月22日

CADデータ製作前に

CADのデータ製作の仕事も徐々に増えてきました。

しかしながら、まだまだCADに対する知識が浸透していないのが事実です。

レーザーマーキングを始めた頃も同じような事がありました。
「レーザーだったら何でも彫れるんでしょ!」的な考えの方がほとんどでしたふらふら
CADに対しても全く同じで、
「CADなら何でもできるんでしょ!」と思われている方が本当に多いですあせあせ(飛び散る汗)
レーザーもCADも何でも出来るって事はありません。
制限はあります。

CADはすべてにおいて「0.3mm」が必要です。
間隔、厚み、幅などなど、寸法において「0.3mm」以上が必要です。
まずこの数値を頭に入れてデザインを考えて下さい。
どうして?と聞かれますが、0.3mm以上ないと造形時にエラーが出ます。
造形が出来たとしても0.3mmの物は鋳造時にうまく入らない事も多々ありますので
できれば0.5mm程の間隔、厚みが理想ですねぴかぴか(新しい)

その部分を考慮してデザインを考えてみて下さい。
作業がスムーズになりますし、データ作成料もお値打ちに済みます。

また、造形物をそのままゴム型を取る場合と
一度シルバーなどで鋳造し、仕上げ後にゴム型を取る場合、
それとそのまま商品化する場合とでは
造形物の寸法を変えなければいけません。

通常ゴム型を取る場合は多少大きくしてデータを作成します。
仕上げが加わる場合は、その仕上げで減る部分も計算して造形します。
それも考慮してデザインして頂けるとイイですね。

一番困るのはラフなデッサンのままのデータ作成を依頼される場合です。
寸法も全く決まっていませんので、必ずと言っていい程「0.3mm」の問題にぶち当たりますあせあせ(飛び散る汗)

その問題を解決するには「デザインの変更」しか方法はありません。
よくよく考えてみると...
手作業での場合でも0.3mm以下の間隔や厚み、幅の物を作るのはかなり困難です。
というより無理もうやだ〜(悲しい顔)
ですので、まずはデザイン時に必ずおおよその寸法を決めてからデータ作成を依頼して下さい。

なかなかこの事を伝えようとしても理解して頂けない方が多いようですあせあせ(飛び散る汗)
まだまだこういった部分への努力も必要ありってところですね。

少しでもわかりやすくブログなどでご紹介していきますね〜頑張りますグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
posted by 店主 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD